ponchack kinder photo
デタラメな自然育児満喫中によりカメラマン開店休業中。
大好き

母が亡くなる前に収穫して乾燥させてあったお豆を、3年後に炊いた。
懐かしい優しい味。子供達が大喜びのおやつになったよ。



昨日の夜、子供達を寝かしつけたとき。

コウタは本を読み終わったらすぐに寝てしまっていたので、
ナツネの方を向いて見つめ合う。
笑っちゃうナツネ。
嬉しそうに、幸せそうに。
ああ私のことが本当に大好きなんだなあと思う。

勿論私だってナツネもコウタも大好き。
でも親がこんなこと言うのもなんだけど、
私がチビ達を好きな気持ちより、
もっともっともの凄く好かれてる気がする。
多分そうだ。


急に、ああそうか、と思った。
私の母も、私が母の事を大好きだったことは
よーくわかってたよなと。

亡くなってしまった後に、
大好きだったとちゃんと伝えれば良かったと、
何度思っただろう。
でもそんなこととっくに十分に伝わっていたんだ。
そうだよな。お母さんだもん、何でも知ってるよな。。。


そしてまた、ああそれでか!と思った。
私が22、3の頃、就職した会社をやめたあと、
東京の友達の家を転々として、住所不定、無職の時期があった。
いざ自分も娘を持ってみたら、心配で心配でたまらない。
あの時、母はよく心配じゃなかったな、
よくあれこれ私に言わなかったなあと、
ふと思い返す度に不思議に思っていた。

でもわかった。
母は知っていたからだ。
私が母さんのこと大好きだって事。
だからあんまり心配じゃなかったんだ。


ナツネが放浪の旅をしたら、と考えると心配だけど、
でもナツネは私のことが大好きである、となると
うん、あんまり心配じゃないかも。
行っておいで、広い世界を見ておいで。
私のことを想いながら(笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2012/09/23 01:43】 母さん | トラックバック(-) | コメント(1) |
母さん




お母さんを抱きしめたい。

お母さんに抱きつきたい。

私が世界で一番安心する場所はあなたの懐でした。

37歳になってこんなことを言う娘をあなたは笑って見ているんでしょう。

そしてやっぱり笑いながら私を抱きしめてくれているのでしょう。

母さん、あなたの娘は大丈夫でしょうか。

母さんなしで生きて行けるでしょうか。

寂しくて寂しくて心細くて不安で、

でも私を頼る小さい者が2つ、

母さんが心から愛した者を2つ、

私は大事に大事に育てて行かなくてはなりません。

強く、優しく、母さんのようにいつも笑って。

頑張ります。

見ていてね。

ありがとう。

大好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2009/01/09 03:02】 母さん | トラックバック(0) | コメント(11) |
| HOME |
script*KT*
10 | 2017/11 | 12
[S] M T W T F [S]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ponchack
  • Author:ponchack
  • 山本雅世
    世田谷区在住カメラマン。
    子育て中。
    たまに仕事してます。
    たまに親子撮影や講習会などもします。
  • RSS