ponchack kinder photo
デタラメな自然育児満喫中によりカメラマン開店休業中。
ちょいすくん1歳になる。

365日目。


なっちゃんの匂い大好き。
おっぱい飲んでるときの頭の汗のにおいが好き。
乗っかられたときの重さが好き。
ずっしりしてるのに柔らかいのが好き。
私を見る満面の笑顔が好き。
やまっちょさんと本当に嬉しそうに遊ぶ顔が好き。
泣いたときの心細そうなしょぼい表情が好き。
低い声で大きな口をあけて泣くのが好き。
ヂ、ヂ、という声が好き。
ンマンマンマとしゃべる声が好き。
世界で一番かわいい笑い声が好き。
しかめつらが好き。
何かを狙った時の意思の強い眼差しが好き。
多分頑固な性格が好き。
得意そうに手をあげるのが好き。
嬉しそうにモシモーシってやるのが好き。
お水飲んで大げさにプハーッとやってご満悦の顔が好き。
いたずらするときチラッと小憎らしい顔をするのが好き。
何かやらかしちゃって、あ〜あ、って私のマネをするのも好き。
寝てるときのしもっぷくれな横顔大好き。
クルッと上を向いてる長いまつげが好き。
プクプクのお肉が好き。
小さなお尻が好き。
きれいな青い蒙古斑も好き。
朝起きたら絶対私の腕枕の上に寝てるのが好き。
私の顔に頭をぴったりくっつけて、暑くて重いけど幸せ。
今朝もそうだった。
本当に幸せ。
一年前の今頃は激しい痛みに何度も座り込みながら
助産院に行く準備をしてたっけ。
まさか、こんなにかわいいのが出てくるとは思わなかったなあ。。。
本当に最高に大好き。
1年間ありがとうね。
もうあなたなしでは生きていけません。
これからもよろしくオネガイシマス。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2007/06/21 06:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(33) |
196日目 7.8キロ

ええっ?
35!?


ああそうさ。この日をもってワタクシ35歳になりました。
三十五。
口に出すとガックリくる。
33のこの日に入籍し、34でちょいすを出産しました。
正月で裏しか開いてない窓口に婚姻届出したっけなあ。
結婚願望は昔から強かったのにもかかわらず晩婚ですよ。
これでちょいすがさらに晩婚だったらどうしよう。
私初孫見られるの70歳とかだと、ちょいすの産後あんまり手伝えないよ。
晩婚ってこういうことだったのか、、、。
自分の晩婚のしわ寄せを押し付けて悪いけど、25までには産んでくれ。

まわりに未婚の友人も多いので晩婚晩婚、連発してなんだけど、
今後は「孫の顔が見たいから」「娘の産後の世話をしたいから」というのも
結婚をせかす言葉としてどうでしょう。

でも歳とって子供産んで良かったって思うことだって沢山あります。
なんせもう34歳まで力いっぱい遊んだから、
子供産んで遊びにいけないなんてストレス感じないし、
まわりに子供産んだ友人も多いので出産育児については耳年増だし、
腰が重くなってるので子供の状態に逐一あたふたしないし、
すでにオバサンなので他のママ達に全く気後れなく声かけられるし、
自分探しの旅からとっくに帰ってきてるので迷いもないし、
もう倦怠期越えてから結婚してるから夫婦喧嘩とか今更ないし、、、
あら、いいことだらけじゃない。

とは言っても高齢出産であるほどリスクが伴うということは、
やはり人間という動物の本来の出産適齢期は20代前半とかなんだろうな。
あと2人産みたいんだけど、、、自然にさからってごめん。

そうそう、今日はちょったのズリバイ記念日となりました!


フローリングにはみ出て前進してるところをマミちゃんに発見されました。何故私が第一発見者じゃないのだ。すべりがいいので進みやすかったようだ。ちいっ。


ちょいす、オヤジ顔にもほどがあるぞ。リクウ(兄)は半目だし、トオヤ(弟)もガンくれてるし、なんだこの子供3人の写真。。。


チューされても迷惑ヅラ。


昼ご飯/
イクラ、数の子、鶏の丸焼き、牛スジの煮込み、
ご近所さんからのモツの味噌煮込み、他忘れた
本日のゲスト、チナミちゃん一家、マコリ一家、タグチ、ウヤマ夫妻、ハラヘン。親戚から大量に届いたので魚卵祭りと称して招待したついでに誕生日と入籍記念日を祝ってもらう。


35でバースデーケーキとかプレゼントとかもらって恐縮です。


これポンチャック。


晩ご飯/
お昼の残り
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2007/01/03 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(13) |
194日目 7.8キロ

我が家の年賀状。


子供産んでも、子供の写真の年賀状なんか出さんよ。
って思ってた自分が懐かしい。
誰よりも大きく載せてるやんけ。
大きいことはいいことだ。
子供産んだら写真付き年賀状。

ということで、我が家の目の前の桜が満開ですが、
あけましておめでとうございます。
ブログ、これからは毎日はやめます。
じゃないと一生追いつきそうもないんで。
私以外の人はみんなお気づきだったとは思いますが。

さて、岐阜のお正月の帰省は5泊でした。
なんせ非常に居心地がいいんです。
私がかなりグウタラな嫁で、あまりにも気が利かなく気も使わなく、
義父さんも義母さんも、私には(多分)その辺はもう期待せず
実におおらかに甘やかして下さっているもんで。

そしてもの凄く助かっていることは、
子育てについて何も口出ししないってこと。
もし何か言われたらどうしようって内心かまえていました。
“手足が冷たいからもっと着せないとダメだ”とか
“そんなに抱き癖をつけちゃダメだ”とか
“風呂上がりは白湯飲ませないとダメだ”とか
実の母や義母から子育てについてあれこれ言われて険悪に、、、
って悩みを子育てサイトなどでよく見かけてたんで。

ところが、私の母もやまっちょさんの母さんも
3人の子育てをした大先輩なのに、口出しどころか
「へえ、今はそうなの。」と聞いてくれる。
なっちゃんが産まれてから一度も何も言われたことがありません。
これは本当にホッとした。
子供を産んだお母さんって多分私だけじゃなく、とてもピリピリしている。
色々聞いたり調べたりした中で、
この子にとって一番いいと思うやり方で子育てをしていて、
もしそれを否定されるような言い方をされたら、
急に子育てに対しての自信を喪失したり、
悲しくなったり、頭にくるかもしれない。

母も義母も「こうした方がいいんじゃ、、、」って思うことは
沢山あるだろうに、全く口に出さず、信じてまかせて見守ってくれている。
ありがたいです。
こういう場合はどうしたらいいの?と素直に聞けないワタクシですが、
あやし方などはこっそり見習ってます。
ベテランの技はやっぱり盗んで覚えないとね。


とはいえ一人要注意人物が。いつかこっそり最初に何か食べさせてやろうともくろむ義父さんです。おかげでちょいす、初めて芋けんぴ舐めてました。油断大敵。今日はお年玉ってことで特別やぞ。


今日はのんびりお正月してました。おうちのあちこちにお餅飾ったり、伊奈波神社に初詣行ったり。


岐阜の屋台はどて(もつの味噌煮込み)と串カツがメイン。


今回の帰省中、風呂好きのちょいすが岐阜のおうちのお風呂では毎回泣きました。何が嫌なのか、全然わからず。そんなに繊細でもなさそうなのに、何か風呂へのこだわりがあるらしい。


岐阜のお雑煮は“お正月菜”という菜っ葉とお餅だけのシンプルなお雑煮。札幌の実家では大根人参鶏肉などの具が色々入ってたので、全然違います。東京風はどんななんだろ?なっちゃんには岐阜バージョンと札幌バージョン両方作ってあげよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2007/01/01 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(12) |
193日目 7.7キロ

パディントン、川へ行く。


やっと大晦日。
私が覚えてる限りの人生の中では、間違いなく一番幸せな年でした。
すべてのことに感謝です。

でも赤ちゃんの時も相当幸せだったハズ。
寝て甘えて遊んで飲んで、、、泣いてもすぐに忘れるし。。。
いや“幸せ”って、“不幸せ”があって初めてわかる感覚なのかも。
なっちゃんも
「別に。毎日普通ですけど?」って思ってんだろうなあ。
わかってないなあ、この幸せ者!

夜は紅白を見て、いかにも実家な穏やかな年越しをしました。
年越しに紅白を見てると、自分、歳とったなあって思います。
若い頃はまず年越す瞬間、家にいないもんね。
その紅白で、aikoの“瞳”という歌で思わず涙ぐんでました。
赤ちゃんの誕生に向けて歌った歌で、

“健やかに育ったあなたの真っ白なうなじに
いつぞや誰かがキスをする
そしていつかは必ず訪れる
胸を体を頭を心をもがれるような
別れの日も来る
そんな時にもきっと愛する人がそばにいるでしょう”

っての聞いて。
なっちゃんが健やかに育つって思って涙して
なっちゃんがつらい別れをするって思って涙して
そうよ大丈夫だからねと思って涙してました。
アホくさいのでこっそりと。


みんなで木曽川で遊びました。子供は何もない河原でもいろんな遊びができるんだよね。


コトちゃんのおさがりでもらった帽子、かわいいでしょ!今回やまっちょさんの妹のヨウコさんから、なっちゃんのルームシューズとコトちゃんのおさがりのかわいい服を沢山頂き、マキちゃんからもとってもかわいいケープを頂きました。もらってばっかりです。ありがとうございました!


神戸に戻るヨウコさん達を見送った後は、三重県のアウトレットへ。かなり久しぶりに自分の服を買った。贅沢しちゃったけど嬉しい。


そしてなばなの里というとこのイルミネーション見学。色んな意味で凄かった。自分のキャパがひとつ大きくなりました。


なっちゃんは相変わらず、終始ニッコニコ。


おかげでみんなもニッコニコ。


小さいクセに、すごい力だな。


なんで布施明がイマジンやねん。


年越しそば。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2006/12/31 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(8) |
186日目 7.7キロ

メリークリスマス。


なかなか年が越せません。確定申告と花粉のせいです。
やっとこの日になりました。
なっちゃんは今日は珍しく晩御飯時には寝てくれちゃったので、
とっておきのシャンパンを開けて、久しぶりに大人ディナー気分。
ろうそくの明かりで食べるご飯もたまにはいいね。
去年のクリスマスに、
来年のクリスマスは家族3人になってるんだね、
なんて言ってたけど、
ほんとにそうなってて、心から感謝。

ベッドカバーを撮影スタジオの布バック風に敷いてみるも、シワだらけ。ダメじゃん。


昼間は自由が丘散策。トレインチはイマイチ面白くなかったけど、オープンしたてのアクタスキッズは期待通りかわいい品揃え!楽しい。ちょったのクリスマスプレゼントを買う。


ご近所の小学生のナナミちゃんがなっちゃんにクリスマスプレゼント持ってきてくれました。クリスマス靴下。来年はもうはけないだろうなあ。。。


やまっちょさんがクリスマスディスプレイにろうそく沢山飾ってくれたよ。


昼ご飯/
やまっちょカフェのパスタ
バジルとサラミのパスタ、スープ付き。美味しい。


晩ご飯/
ポテ、ローストチキン
一週間前に仕込んだ豚バラ肉をキャベツと煮込む。別に煮たじゃがいもを添える。それだけで味付けは他に何もしてないのに激ウマ。ビゴのフランスパンがとまらない。凄く簡単なのに美味しいごちそうになる。感動!


見た目は怖いけど、これ、今年のクリスマスケーキです。コストコで買ったクリスマスプディング。温めて食べるんだけど、ドライフルーツがぎっしりつまってて、かなり美味しかった。


ちょいすのところにサンタさん来たよ。中身は私が欲しがったモノだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2006/12/24 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(7) |
うちのクリスマス

なかなかきれいでしょ?


とうとう一ヶ月遅れとなりましたが、しつこくこのまま続けます。
年末って忙しいね。
いや、日頃ちゃんとしてればこんなことにはならないんだけどさ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2006/11/24 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(6) |
100日目! 6.2キロ

ちょいす、布以外の物でも持てたのね。知らなかったよ。


夏寧、産まれて100日目を迎えました。
とりあえずここまで無事に生きててくれて本当にありがとう。
100日の記念に「お食い初め」という儀式をするらしいのですが、
全く知識もないし、あまり興味もなかったのに
100日目が近づくにつれて、せっかくのイベントだから、と
ムクムクやってみたくなりました。
これって親心?いや自分が楽しみたいだけだな。

「お食い初め」とは
お赤飯、尾頭付きの焼き魚、すまし汁、季節の煮物、香のものを
用意して食べさせる真似をするんだそうです。
丈夫な歯が生えるようにと、歯固めの小石も添えるとのこと。
で、昨日青山の帰りにはりきって材料を用意。
二子玉川の魚屋で鯛を買おうと、小さめのを指して
「この鯛、うちのグリルでも焼けますかね?」
と聞いたとたん、魚屋のおばちゃんが
なっちゃんを抱っこしている私を見て、
「何、お食い初め?いつ?」と早口で質問され、
「はい、明日です。」と答えると
「うーん、困ったねえ、明日営業日じゃないんだけど、、、
お父さん、明日、鯛一匹だって、できる?『おう、いいよー。』
じゃあ、仕方ないわね、焼いてあげるわよ、何時?
何時に取りに来れるの?4時くらい?
明日シャッターしまってるから裏から声かけて、はい、700円。」

いや全然焼いてって頼んでないし、明日買い出しに来たくないから
今日買ってるんだし、うちここの近所じゃないし!と思ったけど、
強気の親切を断れず。。。
しかも名前も聞かれずレシートも渡されず、口約束のみ。
で、今日時間通りに魚屋まで取りに行ったら
私の顔見るなり昨日のおばちゃんが
「今、ちょうど焼けたとこ!」鯛を持ってきた。
昨日のちゃきちゃきとうって変わった
優しいおばあちゃんの顔で、なっちゃんを見ながら
「3ヶ月ねぇ。おめでとう。お母さんに似てる。
しっかりしてるわ、随分しっかりしてる!
お母さん、お食い初めはね、
この子が一生食べる物に困らないようにってするものなの。
ほうら、良かったねえ〜、あなた困らないわよー。」
ふふ。何かすっかり嬉しくなって帰る。

はりきって食事の用意して、やまっちょさんも帰宅して、
親族代表として横浜の伯母のカズエさんにも来てもらって、
乾杯して写真撮ってビデオ録って
みんなでなっちゃんに食べさせる真似して、
おおいに楽しめました。
こういう昔からの行事って別にしなくても困らないけど、
改めてお祝いするってステキな事だ。
満足満足。


抱負を語るご機嫌ちょいす。


産まれる前に私とやまっちょさんがちょいすくんにって、初めて買った服。ブカブカだったのに、ジャストサイズに。しみじみ。


ちょいすセット/
鯛、お赤飯、松茸のお吸い物、煮物、お新香、小石
お赤飯なんて炊いた事無いけど、もち米と一緒に炊けばお赤飯ができる小豆の水煮缶があった。便利だ。鯛はやっぱり立派な焼き姿に。反ってるし、ヒレ立ってるし、見栄えが全然違う。ほんと頼んで良かった。お吸い物も500円のスライス松茸で豪華風に。煮物は里芋、ごぼう、さつま芋、人参、鶏肉。さつま芋を煮物に入れたの初めてだけど美味しい。やまっちょさんが「頑張ったね」と言ってくれました。やったね。

ちょいすはほぼ全種類、むしろ自分からすすんで舐めていました。


ちなみに小石はちょいすと多摩川の川原に拾いに行きました。赤ちゃんを抱っこしたまま堤防を下っちゃったオレ、釣り人に驚かれた。


二子に行くバス停でおっぱい中。最近どこでも授乳しちゃい過ぎ。


こんな感じ。


朝ご飯/
ご飯、お味噌汁、納豆、
炒りおから、めかぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
【2006/09/29 00:00】 特別な日 | トラックバック(0) | コメント(7) |
| HOME |
script*KT*
06 | 2017/07 | 08
[S] M T W T F [S]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ponchack
  • Author:ponchack
  • 山本雅世
    世田谷区在住カメラマン。
    子育て中。
    たまに仕事してます。
    たまに親子撮影や講習会などもします。
  • RSS